いまさら、グランド・セフト・オート サンアンドレアス…

まず、GTAを知るキッカケですが、

PS等のゲーム機は発売当初に買うには買うのですが、発売当初は当然ソフトも少ないので
つまらん! と売ってしまうのですよね…
それで、FFオンライン用で購入したりで、他のソフトを探しもしてなくて
GTAの存在を知りませんでしたლ(´ڡ`ლ)


ノートPCを売ろうとフリマで出品していまして…
他の方の出品物も確認していると、”GTAできますか?” って質問を良く見てました。
他に、韓国が作ったゲーム等の名前も出てましたが、この時はあまり気にもしていませんでした。

と、言うのも昔の海外のゲームのイメージがあまりにも酷くて…、ずっと敬遠していました。
しかし、近年のゲームショーでも海外メーカーの名前は良く聞きます。

そんな中、フリマで出品物が売れまして、何か面白そうなものと色々見ていたら
グランド・セフト・オート サンアンドレアスのPC版が、2000円台で出品されてましたので少し興味がわき落札

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス

落札してから、少しネット動画見てみたのですが、どんなゲームなのかはハッキリわからなかったのですが…
ゲームが届きやってみると、これ超面白いですね!!


まだ、序盤も序盤ですがギャングの話、日本で言えばヤクザ。
成り上がりゲームなのかな? 
エンブレム・テイク2 みたいな感じかな?

仲間・裏切り・環境の変化 また別の場所で… と言うように まるで阿久津を思わせます。

LSで警察ミッションを意地でクリアしました! ぜぇぜぇ…
空港内の小さな車がターゲットになってる時があるので、これ確実に空港に行けるようになってからを想定してますね…
LSでクリアするには、運も根性も必要ですね…

予め、チートを搭載していて、簡単にチートを発動する事ができます。
ですが、チートを行うとセーブ時に注意!! ってでますのでチート無しで頑張ってます!!
(因みに、PC版なので パッドに対応するのに、JOY TO KEY ってソフト使ってるのですが、一回だけチートやってないのに、チートを使ったと判断された事がありました…、勘弁してよ…スプレー上書きの100ミッションあと少しだったのに…)

追記~
なんと、途中でスプレーが切れると上書きできなくなるバグがあるそうで
100全部描いてるのに99となっており、もうセーブデータも上書き保存で無く、取り返しがつかなくなった…(´;ω;`)
ギャングタグは、スプレー充分確保したうえで、一気に行ったほうがいいです(TдT)
警察ミッションとか相当頑張ったのに…
やり直したくない…

後日また最初からやり直して…、警察ミッション始めましたが、まぁーーーークリアできない…
バイクスキル・MP5スキル・縄張り100%・白バイ三台確保
不安要素を全て払拭して頑張りました…が!
頭から湯気が吹いてるんじゃないかってくらい、超集中しても無理…

バグのせいで、何で2回もこんな苦労せんといかんの…
チート使ったら意味ない、何か出来ない事が出てくるみたいだから…
何か方法ないのか…、あんなに頑張ってクリアして、またこんな苦労して…

調べました、探しました、すぐ見つかりました!
MODってのがあって、これが所謂PSPとかNDSとかPSエミュでのまさしくチートって奴
こんなのあったのかーってさっそく導入方法調べて導入
無敵状態てのがあって、めっちゃ楽にクリアできました。

最初は、どこでもセーブみたいなの探してたんだけど
一応あったけど、ミッション中は出来ないみたいなので…

一回目クリアした時って、LV10以上くらいで★4とかなると、修理屋にその辺の車奪って入ってたのだけど
後で、散髪するのでもいいってわかった… 

~追記

かなりハマったので、新しいGTAシリーズを見てみたのですが、驚愕ですね…






もう、海外メーカーを馬鹿になんてしません、ごめんなさい。

人員はわかりませんが、開発期間が長いですね、よほど作り込んでるのは間違いないと思います。
日本のゲームは開発期間が短すぎて、中途半端なものしか出せてない感がありありですよね。


日本は、今FFくらいしか世界に通用しないんじゃないの…? 
まぁ、メタルギア等言われれば、ありそうですが他はほとんどグラフィックのみで内容の差はあると思います。
他のゲーム知らないけど…海外メーカーの名前ばかり聞きます…

スマホ等の、2次元恋愛やガチャ課金で儲かっていい気になってて、ヌルいゲームで良いと思ってるね…
もう、すでにゲームでは海外に置いて行かれてるように思います…

技術は別れてる物があります、海外ではCGが主流になってる場合がありますが
日本はテクスチャーマッピングだったかな? ちょと忘れた…思い出せない…
どちらも甲乙付けがたいので、それぞれで競い合って素晴らしい物を追求してほしいですね。

でも技術では、まだまだ通用するかも知れませんが、総合クリエイターって言うのか
日本のゲーム業界で、第2の”堀井雄二”は出そうにないですね。
今までの、ゲームの常識自体をブチ壊す。

それまでは、プレイヤーの力が全てだったんですよね、マリオの横スクロールやらでも
出来ない人は、上手くなるしかなかった。

それが、勝てないならキャラクターを成長させて戦えば勝てるって物が生まれた。
本当は、DQこそシミュレーションゲームなのですが…RPG分野を確立しましたよね
初めてキャラクターが成長(育つ)するって概念を持ち込んだんですよね。

その他、色々と出てますが、堀井雄二ほどの功績を残した方は思いつきません。

ファイナルファンタジーって二番煎じでしかなかったのですが、何故FFが上回ったのかは
エニックスは、儲かり会社が潤った。
スクエアは、利益を次のシリーズ作品に注ぎ込んだ。
これに限るんではないでしょうか。


大変だと思います。
スマホのクソゲーが儲かるんですから…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。